ファッション

目の下の茶クマ解消には保湿が大切!セラミドとヒアルロン酸でスキンケア。

投稿日:

茶クマの原因

茶クマの原因は外的刺激や紫外線などによってメラニンが生成され色素沈着でできてしまいます。

この外的刺激は普段するお化粧などもそうなんです。洗顔時に化粧を落とそうとゴシゴシ強く洗うのもNG。

自分が思ってるより、肌にダメージを与えてしまっています。目の下は他の皮膚より薄いのでダメージを受けやすいんです。

化粧をする際もなるべく優しく

化粧を落とす際も優しく落とすことが大切。

化粧をしない日も洗顔時は目の下は特に優しく洗いましょう。目の下は皮脂腺も少ないく、乾燥しやすい場所。

乾燥状態は刺激を受けやすくシワの原因でもあるので、洗顔後はしっかりと保湿することも大切。

メラニンはターンオーバー(肌細胞の入れ替わり)が正常であれば排出してくれるのですが、

ターンオーバーが乱れているとメラニンを排出することができず、濃くなっていってしまうのでターンオーバーの乱れも改善してかなければいけません。

ターンオーバーはまず生活習慣の改善も必要です。

女性ホルモンのバランス改善は主に4つの生活習慣を変えることが大切

茶クマの対策

茶クマの対策としては、ターンオーバーの正常化。

そしてコーンシーラーも隠せて便利なのですが、隠すだけではなんの解決にもならないのでクマを薄くしていきたい場合は、なるべく外的刺激を与えず紫外線から肌を守る。

洗顔後にきちんと保湿し乾燥しないように目の下の肌を守ってあげることが大切。専用のアイクリームがおすすめ。

化粧水や乳液だけで終わらず、美白成分入りのアイクリームを使えば、メラニンからも目の下を守れます。

なるべくと言うか、絶対セラミド・ヒアルロン酸配合のアイクリームを使うことをおすすめします。

セラミドは細胞と細胞の間を埋める、細胞間脂質のひとつなのですが、20歳を過ぎると徐々にセラミドが減ってきてしまいます。細胞間脂質の隙間を外からセラミドを補うことで、細胞の隙間を埋めて、外的刺激から肌を守ります。

ヒアルロン酸は1gで6リットルの保湿力をもつ優れ成分です。コラーゲンやエラスチンの隙間を埋めて肌のハリや潤いを維持する役割があります。

「グラシュープラス」というアイクリームがあるのですがおすすめです。

乾燥による小じわ、汚れや古い角質によるしみ、日焼けによるしみ、メラニンの生成を抑えシミを防ぐ。

有効成分として認められた美白成分「プラセンタエキス」が配合され、セラミドとヒアルロン酸をナノ化し浸透力を超絶アップし、保湿力を高めています。

乾燥を防ぎ、ハリや潤いが戻り、ターンオーバーも正常化され、ターンオーバーが正常化されると、古い角質や、メラニンを排出してくれるので、しみやくすみ、色素沈着のない肌へ導いてくれます。


こんな感じのオシャレなデザインです♪

目の下の色素沈着によるシミや、シワやたるみに「グラシュープラス」
現在、先着300名限定で1,500円で購入できるので、あなたも実感してみてください。

まとめ

目の下のクマには種類がありますが、今日は茶クマの原因と対策の紹介でした。

茶クマは外的刺激(摩擦や紫外線)。これも乾燥がちになるとダメージも大きくなります。

コンシーラーで隠すのもいいですが、できれば根本を解消したいですよね。

地道にスキンケアを続けターンオーバーが正常化すれば古い角質やメラニンを排出してくれるので、ターンオーバーが促進のためにも、専用のアイクリームを使うこと。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

あ、睡眠不足も女性ホルモンやターンオーバーに良くないので、睡眠もしっかりとるのも大切ですよ。

[kanren postid="825"]

-ファッション
-, , , , , , ,

Copyright© daily-life365 , 2018 All Rights Reserved.