美容

頬にシミが!その原因とシミを消す方法。

更新日:

頬にシミが!!なんて気づいた時にはもう遅い?!
そんなことはありません。
気づいたのならむしろラッキーです。

早い段階でケアすればシミも消すことができます。

シミの原因を知ってしっかり対策を!

頬シミの原因は紫外線によるダメージ。

紫外線は肌内部まで入り込みダメージを与えてしまい、
紫外線ダメージから守るためにメラニンをいう成分を分泌させシミができます

メラニンは紫外線から肌を守る日傘みたいな役割をしています。

紫外線を受け続ければ、
肌を守るために日傘を多くしなければいけないので、
メラニンが増えシミが大きくなってしまいます。

 

日傘の役割をするメラニンを増やさないためには
紫外線を浴びなければ基本的にはシミは増えず、
大きくなることもありません。

肌トラブル
肌トラブルは主に3種類!その原因と対処の方法。

ターンオーバーは健やかな肌を保つ為には必須!! けれどターンオーバーサイクルを乱す3大肌トラブルを知っていますか? そこで今回は3大肌トラブル別のスキンケア方法、 ニキビ、日焼け、ムダ毛処理など、その ...

続きを見る

けれど、紫外線を浴びないのは不可能です。

一度できてしまったシミは、
クリニックでのレーザーや美白成分の化粧品でのケアが必須。
シミを作らないようにスキンケアをやることが一番です。
シミにはUVケアクリーム。

頬が一番紫外線を受けやすいので、
外出時はUVケアクリームを塗る。

頬以外もそうなのですが、
できてしまったシミはそのままにしても薄くなりません。
濃くなる一方です。

👇紫外線はほうれい線にも関係が?!👇

ほうれい線
加齢が原因?!ほうれい線を無くす方法。おまけ効果も♪

鏡で見た時や写真で自分の顔を見たとき、 ほうれい線が目立つようになってきた。 そう感じていませんか? ほうれい線もターンオーバーの乱れが原因起こっているんです。 ほうれい線を改善していくスキンケアや対 ...

続きを見る

頬のシミを消すにはターンオーバー正常化

美白成分を塗っているのに薄くならない場合は、
ターンオーバーサイクルの乱れが原因。

ターンオーバーを正常化させることでメラニンの排出を促す。

ターンオーバーが正常であれば、
肌細胞の入れ替わりがきちんと行われるので、
シミの原因メラニンも古い角質と一緒に排出してくれます。

美白成分でのケアも大切ですが、
ターンオーバーを正常化させなければ、
美白成分の効果も薄く効き目が感じられないと思います。

頬のシミに有効な栄養素

頬のシミに有効な栄養素は、

  1. ビタミンC(ほうれん草、キャベツ、ブロッコリー、レモン、オレンジ)など
  2. ビタミンB群(B2、B6)(レバー、うなぎ、卵、カツオ、マグロ、サンマ)など
  3. ビタミンE(菜種油、ごま油、アーモンド、抹茶)など
  4. たんぱく質(魚、肉、卵、大豆)など
  5. 亜鉛(肉、魚、穀物、)など(牡蠣が代表的かな?)
  6. ポリフェノール(ブルーベリー、ブドウ、赤ワイン、緑茶)など

食事で摂るのは難しいよ場合はサプリメント。

頬シミの紫外線以外の原因

  1. 女性ホルモン低下によってできる肝斑。左右の頬にできる薄い褐色のもの。ピルを服用している女性や出産した女性は可能性も。
  2. 雀卵斑。いわゆるそばかすです。そばかすが遺伝するのではなく、そばかすができやすい体質が遺伝します。
  3. 炎症性色素沈着。炎症によってターンオーバーができず、メラニン色素を溜め込んでしまってシミになる。火傷やニキビ跡によくできる。

病気による頬のシミ

頬のシミは紫外線だけではなく、
病気の恐れもあるので注意が必要です。

顔の部位でも頬のあたりにできるシミは、
腎臓や肝臓、胃腸に不調のがある場合があるので、
シミ以外に倦怠感やむくみ、
食欲不振や吐き気などある場合は病院へ。

まとめ

出来てしまった頬のシミを消すには継続的なケアが必要です。
ビタミンC誘導体やプラセンタ配合のアイテムなどがおすすめ。

大切なのでは継続とシミを作らせない対策です。
365日紫外線は降り注いでいるので、
外出時にはUVケアをしてから出かけてくださいね。

-美容
-,

Copyright© daily-life365 , 2018 All Rights Reserved.