ファッション

はちみつの優れた効能は【癌】治療にも?!驚きの結果が明らかに!!

投稿日:

副作用なしで癌を治療できる? 優れた効能を持つはちみつ

はちみつは免疫力の上昇や疲労回復効果、抗菌、殺菌効果を持つことから風邪の予防や回復にも役立ちます。

しかし、はちみつの病気への効果は風邪だけではありません。

 

なんと日本人の3人に1人が罹ると言われている癌に対しても大きな効果を発揮します。

はちみつには様々な種類がありますが、その中でもマヌカハニーという種類のはちみつには一般的なはちみつよりも高い抗菌作用があります。

マヌカハニーはマヌカというニュージーランドに多く生えている木の花から採られた蜜で作られたハチミツです。

ニュージーランドでは古くから万能薬として重宝され、今でも多くの方が健康のためにマヌカハニーを食しています。

マヌカハニーの一番の特徴は抗菌作用ですが、その効果の高さは驚くべきもので医療用としても用いられているほど。

その医療用としてマヌカハニーは癌の治療や再発予防にも利用されています。

マヌカハニーを癌治療に用いる最も大きなメリットは副作用がないということ。

癌治療で必ずといっていいほど用いられる抗癌剤は癌細胞のみならず、正常な細胞まで破壊してしまうので体への負担が非常に大きくなります。

そのため、癌治療後に健康を取り戻すのはとても大変で、場合によっては回復までに年単位の時間を要することもあります。

マヌカハニーならばこうした副作用がないので、体へ負担をかけることなく癌を治療することができます。

 

そして、マヌカハニーには抗菌作用の他にも健康に良い栄養素が豊富に含まれているので、癌の治療と同時に免疫力アップなどの健康促進も行うことができます。

また、最近胃がんの原因と言われ注視されているピロリ菌に対しても有効なので、胃癌のリスクを抑えることにも役立ちます。

癌治療、予防の効能を得る際のはちみつの摂取量

癌治療、予防に効果があることから、マヌカハニーを購入し自宅で癌対策を行いたいという方もいると思います。
マヌカハニーを癌治療、予防に用いる場合、目安となる摂取量があります。

多く摂取すればそれだけ効果がアップするというわけではありませんので、目安となる摂取用を参考にし摂取するようにしましょう。

マヌカハニーを癌治療、予防に用いる際の摂取量は、日に3回から4回程度、1回につき10ml前後とされています。

摂取方法も特になにか必要なわけではなく、そのまま食べるだけです。

マヌカハニーを摂取するタイミングは決まっているわけではありませんがベストは食前です。
空腹時に摂取することにより、マヌカハニーに含まれる栄養素を残すことなく体に吸収することができます。

マヌカハニーをそのまま食べることが癌治療、予防に一番なのですが、

マヌカハニーは日本のはちみつと比べて粘り気が強く、さらに味、香りも強いので、苦手に感じる方もいるかと思います。

その場合は、ヨーグルトに加えて食べるのがおすすめ。

ヨーグルトに混ぜることでマヌカハニーの味と香りも薄れるので、抵抗なく食べることができます。

他にもトーストとも相性が良いのでトーストに塗って食べても良いでしょう。

一般的なはちみつは熱に弱いので、焼きたてのトーストに塗ると栄養素が失われてしまいますが、マヌカハニーは熱にも強いのでトーストくらいの熱ならば栄養素を失うことはありません。

ヨーグルトに加えたり、トーストに塗って食べる際も、直接食べる場合と同じく量は1回につき10ml前後とします。

ハチミツ効能の癌についてのまとめ

癌の治療、予防にもはちみつは大きな効果を発揮します。
食べるだけで癌を治療、予防できるのは、はちみつならではの優れた効能です。

マヌカハニーは以前は入手が大変でしたが、今はネット通販でも購入することができます。

こうした手に入れやすいということは、誰でも手軽に癌治療、予防を行えるということと同じです。

抗癌剤のように副作用に悩まされることもなく癌治療を行えるという特徴もあるため、今後はよりマヌカハニーを用いた癌治療が進んでいくことになりそうですね。

【最高峰のマヌカハニー】

 

-ファッション
-

Copyright© daily-life365 , 2018 All Rights Reserved.