ファッション

はちみつが固まる理由とベストな戻しかた!間違えるとハチミツが!

投稿日:

 

はちみつは買ったばかりの時はとろりとし半液体状の柔らかさがありますが、時間が経つにつれ少しずつ固くなり、最終的に飴のようにカチカチに固まってしまいます。

これは冷蔵庫で保存する場合にのみそうなるのではなく、常温で保存していても時間が経つと固まる。

はちみつは固まるとキレイな飴色に白いぶつぶつのような濁りが生じます。

一見するとカビのようにも見えますし、口に運ぶとざらりとして食感があまりよくありません。そのため、はちみつが固まる時が賞味期限だと考えている方も少なくないと思います。

しかし、はちみつが固まる=質が低下したというわけではありません。
これははちみつが持つ特性によるものなので、固まってもはちみつの栄養素が失われるわけではありませんし、再び液体状に戻せばまたあの甘みのある味を楽しめます。

どうしてはちみつは固まるのか?

はちみつは結晶化して白くなる

はちみつには結晶化するという特徴があります。これは純度100%のはちみつの証でもあります。

固まった時の白いぶつぶつこそが結晶化したはちみつで、結晶化は下の方から上へと向かって進んでいきます。

この結晶化ははちみつに含まれるブドウ糖と果糖のバランスにより起こるもので、ブドウ糖が多いほど結晶化が起こりやすくなります。
純度100%のはちみつには蜜蜂が集めてきた花粉も混じっています。

この花粉に引き付けられるようにブドウ糖が集まるため結晶化という現象が起こるのです。

そのため、ブドウ糖の少ないアカシヤやリンゴなどからできたはちみつは結晶化しにくく固まりにくいという特徴があります。

はちみつの結晶化は気温により影響を受ける

はちみつの結晶化は14度以下になると始まります。
しかし14度以下といっても寒ければ寒いほど結晶化しやすいというわけではありません。

はちみつの結晶化は4度から14度の間で活発に進みます。そのため春先の時期が最も結晶化が進みやすくなっています。逆に-18度程度の低い温度ならば結晶化が起こりません。

 

そのため、冷凍庫で保存すれば多少は固くなりますが、結晶化は起こらないので白く濁りが出ることもありませんし、カチカチになってしまうこともありません。

しかし、はちみつは温度差によっても結晶化が進みます。夏に冷蔵庫の中で保管していたはちみつを暑い室内に出すと、その気温差の影響により結晶化が起こってしまいます。
結晶化を防ぎたいのであれば、14度以下という温度だけではなく、温度差にも注意!

固まったハチミツの戻し方は簡単だけど、ちょっと時間が必要。

結晶化し、固くなってしまったはちみつを戻すには湯煎が一番です。
電子レンジを使えばすぐに柔らかくなりますが、はちみつは熱に弱いので風味や味わいを損なってしまいます。

最近は温度設定のできる電子レンジもありますが、それでもはちみつ本来の風味、味わいを失わないようにするのは簡単ではありません。

湯煎の方法ですが、はちみつを戻すには50度から60度くらいのぬるめのお湯を使います。

そして、溶けてきたら少しずつゆっくりとかき混ぜます。

完全に溶けるまでには30分ほど時間がかかりますが、栄養素、味、風味すべてにおいて本来の状態に戻したいのであればこの湯煎が一番です。

はちみつが固まる理由まとめ

はちみつは豊富な栄養素を含んでいるため、様々な用途に使用することができます。
ところが、その特性ゆえ結晶化が起こってしまいます。

結晶化したはちみつは液体の状態と栄養素も風味も変わらないのですが、

舌触りが悪くそのまま食べた場合美味しさが半減しますし、他の食材と合わせる場合も使い勝手が悪くなります。

どうしても結晶化を防ぎたい場合は冷凍庫保存、結晶化よりも常温保管を優先するのなら湯煎で戻すと良いいと思います。

-ファッション
-

Copyright© daily-life365 , 2018 All Rights Reserved.